読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テクノツリー 公式ブログ

業務の効率化、職場のペーパーレス化をITで支援するテクノツリーです。

Webアプリとネイティブアプリの違い

アプリというと、App storeGoogle Playなどからダウンロードできるようなネイティブアプリをイメージされる方も多いと思います。


しかしアプリには、上記のようなダウンロードが必要なネイティブアプリと、ダウンロードしなくても、ブラウザとインターネットを利用して使うWebアプリがあります。

 

Webアプリ」とは、インターネット上でアクセスが可能なアプリのことを指します。
Google ChromeなどのWebブラウザからアクセスして利用します。

したがって、Webアプリは、ダウンロードやインストールの必要がありません。

 

f:id:technotree2013:20140729102844p:plain

ネイティブアプリの場合、初めて利用する際にダウンロードの手間が発生します。
あるアプリを導入する場合、複数タブレットスマホに個々にダウンロードしなくてはなりません。
また、アップデートの際も、それぞれアップデートを行う必要があります。

 

f:id:technotree2013:20140729102908p:plain

Webアプリの場合、ブラウザ上でインターネット経由でアプリを利用するため、ダウンロードの必要がありません。
アップデートはサーバで一元管理できるので、端末ごとのバージョン管理が不要です。

 

ダウンロードしない分、スマートフォンの容量も比較的使用せずに済みます。

しかし、保存できる容量には限界があり、そこがWebアプリの弱点といえます。

 

そこでXC-Gateは、図面や写真、大量のチェックシートなど、保存容量が大量に必要な場合は、ネイティブアプリもご用意しております!


XC-Gateは、Webアプリのメリットを最大限に生かしつつ、弱点はネイティブアプリでカバーできる仕組みになっています!


詳しくはコチラ⇒XC-GateがWebアプリである理由

 

この記事に関するお問い合わせはコチラhttps://support.technotree.co.jp/techno_support/
お電話でのお問い合わせはコチラ⇒078-948-2300