読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テクノツリー 公式ブログ

業務の効率化、職場のペーパーレス化をITで支援するテクノツリーです。

現場作業に特化したXC-miniのご紹介

アプリ/ソフト

前回、前々回と、報告書・チェックシートの電子化アプリXC-Gateを用いたペーパーレス化推進事例をご紹介しました。こういった、現場作業でのペーパーレス化のご相談は非常に多いのです。

 

そこで、XC-Gateを現場作業でより使いやすく、よりシンプルに必要な機能に特化したツールにしようと開発されたのがXC-mini(エクシーミニ)。今回は、建設、設備、ビル管理等の業務にぴったりの、このXC-miniについて説明します。

 

XC-miniも、基本的にiPadを入力端末として使用します。XC-miniの画面は以下のようなものですが、大きな図面や見取り図等がすべてタブレット端末に入ってしまうイメージです。

 f:id:technotree2013:20131223081303p:plain

①編集ツール

チェック用のレ点や日付・時間・印鑑などのスタンプ機能、撮影してすぐに貼り付けできるカメラ機能など、カンタンツールが満載。

②ファイルメニュー

使用頻度の少ないツールを非表示にしたり、編集データをメールで送信。また、サーバアプリ版では複数人での編集に対応し、ファイルの同期が可能。

③その他のツール

編集時に図面等の位置を固定する機能や、ページ選択機能、拡大・縮小、操作の取り消し・やり直し等、タッチペンでスムーズに操作可能。


XC-miniの説明動画もご用意いたしました!このブログで何度も「報告書やチェックシートのWeb化」という表現を使ってきましたが、これが実際にはどのようなものなのか、動画だとよくお分かりいただけると思います。

 

XC-miniには「単体アプリ版」と「サーバアプリ版」の2タイプがあります。独立した状態で使用するならば「単体アプリ版」を、複数名のユーザーがiPadで同期するならば「サーバアプリ版」をお使いください。動画の中で説明されていた、無料ダウンロードできるのは「単体アプリ版」です。

 

ダウンロードはこちらから

※アプリをダウンロードするためにはApple IDが必須です。

 

屋外の現場で紙のチェックシートに記入しようとするとき、たとえば風の強い日は紙を押さえるのが大変です。また、今日のように寒い日は手がかじかんでペンをうまく持てないこともあります。そんなとき、手袋をしたままでも操作できるタブレット端末は本当に便利だという声を、お客様からいただいています。これもまた、ペーパーレスのメリットの一つですね。 

 f:id:technotree2013:20130410155242j:plain

 

XC-miniの詳しい情報はこちらから

この件についてのご質問等はこちらから